読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmytのらくがき

個人の日記レベルです

WindowsMobileでWindowsを。

とりあえず意味のわからないタイトルですが、WM向けのqemuが公開されていた(しかもWindows95 OSR2なイメージ付き)ので、無謀にもWindowsMobileでWindowsを動かしてみちゃいました。
09/06/22 動画追加しました。thank タツヤさん(http://bbb96.exblog.jp/11326322/)

といっても、やってることは全然難しくなくて、CABを2個インストールするだけです。CABがかなりのサイズあるので外部メモリにインストールしましょう。ってことぐらいですかね。

というわけでファイルが公開されたフォーラムにはこう書いてあります。

Эмулятор QEMU 0.91 - http://bellard.org/qemu. На сайте уже есть более новая версия, но быстродействие в ней от двух до трех раз ниже, чем у версии 0.91, поэтому переход на нее пока не планируется.
Главное отличие данного эмулятора от всех остальных - это динамическая перекомпиляция исполняемого кода х86 в код АРМ. Куски кода транслируются один раз, и сохраняются в буфере для дальнейшего использования. На моей машине (HTC Universal, 128 Mb RAM, 624Mhz CPU), скорость эмуляции составляет до 25% от скорости работы того же кода на реальном Pentium 90Mhz.
Эмулируется полноценный компьютер с SB16 звуковой картой (без поддержки MIDI), SVGA карта Cirrus Logic 5446, до 2 дисководов и HDD, и до одного CDROM.

なんのこっちゃ全くわかりません。キリル文字は残念ながら習得していませんでした。

とりあえず英訳してみました。

QEMU Emulator 0.91 - http://bellard.org/qemu. The site already has a newer version, but the speed in two to three times lower than that of version 0.91, so jump on it has not yet been scheduled.
The main difference between this emulator from all others - it is dynamic Recompiling x86 executable code into ARM code. Snippets are broadcast once and stored in a buffer for later use. On my machine (HTC Universal, 128 Mb RAM, 624Mhz CPU), the speed of emulation of up to 25% of the speed of the same code on a real Pentium 90Mhz.
Emulated full-fledged computer with a SB16 sound card (without MIDI), SVGA card Cirrus Logic 5446, up to 2 drives and the HDD, and to a CDROM.

http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=n&u=http%3A%2F%2Fforum.pdaprime.ru%2Findex.php%3Fshowtopic%3D45356&sl=ru&tl=en&history_state0=

ということがあの部分に書いてあったようです。あえて日本語にしてません。和訳の精度には期待していないので。
これを見る限り、Pentium 90MHzの25%程度の速度しか出ないようです。うちに昔あったPC-9821 Cb3ですらPentium 75MHzあったのでそれ以下の速度しか出ないということです。若干絶望的な遅さですが、ネタとしてはおもしろいので我慢します。

インストール用件ですが、英訳をみてもわかるように、

  • WindowsMobile5以降
  • XScale or Qualcomm の 500MHz以上のCPU (それ以外でも動くかも?)
  • VGA以上の解像度。QVGAだと圧縮表示になるし、対応は微妙。
  • 128MB以上のプログラム実行用メモリ。64MBしかRAMが無い環境ではスワップファイルを作ること。
  • ハードウェアキーボード。(TC naekrannaya keyboard は未対応。(TC naekrannaya keyboardってなんだろう...?))
  • 高速なSDカードがあるとなおよし

ということらしいです。てきとーに読んでるので間違いがあるかもしれません。

要件を満たしてるデバイスを用意したなら以下のリンクからインストールファイルを拾ってきましょう。

それぞれをダウンロードしたら、デバイスにファイルを転送してインストールです。全部で100MB近くあるのでメモリカードにインストールしましょう。

インストールが終わったら、スタートメニューにQEMUが登録されているはずです。実行しましょう。

実行すると、Win95osr2 ってのがあると思うのでそれを選択してLaunchを押すとエミュレーションが始まります。かなりの遅さです。デスクトップを見れるようになるまで、5分程度かかります。

ぶっちゃけ使い物になりません。ARMプロセサ上でi386命令を完全にエミュレートしてるので遅くて当然です。i386とか命令セットがカオスすぎるので。ARM上でi386が実行できてすげー!!!程度のものです。過度の期待はしてはいけません。
それと、マウスカーソルがおかしいです。タップしたところと全く見当違いなところにカーソルが動きます。それから、マウスカーソルがちゃんと描画されません。なんか白い四角がマウスカーソルだと思い込んでください。